WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※

TOP >> 開発言語・環境別の求人 >> Python経験者の求人

Python経験者の求人

Pythonは多くのライブラリがあり、日本語処理も標準で使用可能という点で、人気がある言語で、産業界でも利用が増えつつあります。ですから、就職や転職に大きな効果が期待できるとされています。もともとオランダでの誕生であるPythonは、高水準言語で高い信頼性を持っているため、欧米などではPHPと共にして広く使われています。

日本においてもそれは同様で、多方面の企業からPythonを使ったアプリケーションなどにおける需要が高くなっているため、求人においても積極的な活動をしています。例えば、普通の例で行けばSEやSIやNIなどは共に経験者のみの求人が多かったのですが、最近は20代や30代などの年齢制限も特になく、ポテンシャルを重視して、Pythonなどを用いた「開発経験」があれば、実務経験がない人材でも積極的に採用している傾向が強くなっています。

その背景には、企業の次世代に向けた取り組みが見え隠れします。企業は常に最先端の技術を使い、消費者に満足を与えその見返りとして利益を貰っています。この構図は今後も変わることなく生産活動の重要な位置づけをしています。ところが、この最先端の技術と呼ばれるレベルを常に保ち続けることが、現代では難しくなってきています。

現代の企業ではITをどれだけ有効的に活用できたかによって、その企業価値が決まってしまうと言っても過言ではありません。ずっと同じ知識や技術だけでは最先端の技術は保てず、他社に譲ることになります。それだけITの取り巻く環境は依然として厳しく、常にどこよりも先に新しい創造商品を作り上げていかなければなりません。結果的にそれがITの進歩を生むのですが、一般企業はその進歩にどうにか追いつかなくてはなりません。その為には常に先の知識を習得し、業務に当たってくれるSEやSIなどの人材が必須なのです。ですが、最近はどこも求人が多く、経験者のみの募集ではなかなか集まらない現状だったので、実務経験がなくても積極的に採用しているのです。

SIエンジニアの市場価値はここ最近急上昇しています。それはモバイルやWEBアプリケーション開発の頻度が高まっているからです。Pythonを代表する言語は汎用がどの言語にも適用されているので、アプリケーションを作るのに非常に役立ちます。ここ最近の欧米を見ると、求人募集の実に7割近くがアプリケーション開発やシステムインフラ開発の募集が多く見受けられます。インフラ整備も企業にとっては大変重要な位置付けになっています。その為、日本においてもPythonの転職求人は年々高まりを見せているのです。

>>WEBエンジニアの転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013 WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※ All Rights Reserved.