WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※

TOP >> 開発言語・環境別の求人 >> Linux経験者の求人

Linux経験者の求人

Linuxエンジニアの転職求人は今が狙いどきだという話を聞いたことありますか?この言語を習得し活躍している人材を企業はのどから手がでるほど欲しがっているのです。この言語の特徴として、Linuxはシステム開発やシステム管理などに使われています。インフラの整備と充実はどの企業においても今や急務な課題になっています。このLinux言語はインフラ整備には欠かせない重要な言語になっていますので、企業は欲しているというわけです。IT業界は不況と言われ続けていますが、Linuxに限ってはこれからどんどん需要が増えていくので、転職者としては有利になっています。

しかし、最近はニーズが増えているのにも関わらず、転職希望者が中々採用されない事態が発生しています。それは、技術が中途半端で企業が求めている以上のレベルになっていないという厳しい答えが返ってきているのです。ニーズはあるのに、これはどういう事でしょうか?企業はLinux経験者には、さらに高いレベルの技術を持っている技術者を期待しているからです。インフラ整備がどの企業にも欠かせないと述べました。しかし、今はクラウドを代表する仮想サーバー技術においても、知識や技術を求められているのです。今までの範囲内でしか仕事ができていないLinux言語経験者でも、今後はクラウドを初めとしたその次の経験をしていないと転職は難しいと言われています。

でも、安心してください。それは日本の現状だけの話です。海外に目を向けるとアメリカではLinux経験者という肩書きだけでほとんどの企業が欲しがるのです。海外の企業の成長にはLinux専門チームが欠かせないと言われています。それだけ需要はあるのです。しかしこの海外の余波は必ず日本にもやってきます。ですからこれから転職を考える人にとってはLinux経験者という肩書きは強いものになるはずです。

転職をしようと考えた時に、まずしなければいけないのが仲介企業選びです。ここの目測を誤ると最初から出遅れる形になりますので、慎重に決めることが重要です。広く浅くより狭く深くのほうが企業選びには向いています。ITエンジニア専門の転職仲介企業の方が、詳細な情報やブラック企業を外したりしてくれているので選ぶほうも安心できます。専門職になるので、専門の転職仲介企業を選ぶのが一番良いのです。決まったら無料登録をして企業を探す事ができます。まずは、専門の転職仲介企業を探すのが重要です。

>>WEBエンジニアの転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013 WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※ All Rights Reserved.