WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※

TOP >> 開発言語・環境別の求人 >> C言語経験者の求人

C言語経験者の求人

古くから愛され、そして使われているのがC言語です。この言語の歴史は古く、現在世界でもっとも使用されている一般的な言語になっています。この言語の最も特徴とされる事はその人口数にあります。世界でも最も広く使われているため、その人口も世界最大を誇っています。汎用性の高さやメリットもデメリットも持ち合わせる正負の面を持つこの言語は、プラットフォームも広く使われており、今後も他の言語と組み合わせることによって大きな威力を発揮する言語となっています。

日本においては、C言語経験者の求人はIT業界だけではなくメインの基幹産業である自動車産業や家電業界におかれても制御装置やマイコンなどにも、このC言語が使われている場合がほとんどで、求人している業種はどの言語よりも広いのです。ですから幅広い業種から支持されているため、求人数も圧倒的に多いのがC言語です。

しかし難点もあります。普通の就職という点で見ても、経験者以外の募集は特に行っていない企業が多いので、転職となると明らかに即戦力を狙った求人が圧倒的に多いです。人間はある1つの技能や技術を身につけるのに1万時間かかると言われています。これは1万時間の法則と言われるのですが、この数字は社会人が入社してから約3年と言われています。ですから実務経験3年以上の人を経験年数の条件としている企業がほとんどとなっています。C言語で転職を考えている場合は自分の実務経験が3年以上になっているかを確認する必要があります。もし3年以内であるのではれば、その状態での転職は難しいと言わざるを得ないので最低でも3年以上は実務を経験してから転職したほうが、圧倒的に転職しやすくなるのがC言語の現状となっています。

転職を考える際にまず実行してもらいたいのが、転職仲介企業選びです。ここの目測を誤ると後々の活動に響いてくるので一番重要なポイントになってきます。IT関連は専門職カラーが強いので、そういった業界専門の転職仲介企業を選ぶと良いです。また、就職、転職に問わずこういった仲介企業は会員登録をしなくてはいけませんが、ほとんどが無料会員登録ができます。ですから、安心して専門の良い転職仲介企業を選んで、無料会員登録をします。すると、簡単に企業の情報を収集することができます。

C言語は多くの業界で支持されているので圧倒的な求人数です。選びきれなかった場合でも、多くの転職成功体験談の情報はあるので、そういったものを積極的に取り入れると、転職成功率も飛躍的に上昇するでしょう。

>>WEBエンジニアの転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013 WEBエンジニアの求人サイト ※希望の転職先が見つかる※ All Rights Reserved.